夫の裏切り… (2019年12月2日 妊娠15週6日)

はじめまして!私は堕天使マミーのピアサポーターMAKKOです。

 

このブログは、私とお腹の子との約135日(妊娠19週2日)までの経過を綴ったものです。

(注意:中期中絶の実際の流れや内容、命の選択、染色体異常について等の表記がこのブログにはあります。このブログを読むことで、辛い気持ちを思い出したり、不快な思いをされる方がおられるかもしれません。そのような方は閲覧をお控えくださいますよう、よろしくお願いします。)

 

羊水検査の結果が出れば、結局お腹の子は中絶する方向になり、私は少しずつ気持ちを整えていくしかなかった。

 

そんな中、助産院と提携しているクリニックで中絶をする予定になり、クリニックの方から、私の体調と今後のことも含めて、少しでも早めの週数で入院をした方がいいと連絡があった。

 

そして、羊水検査が12月3日の予定で、12月9日以降で入院と決まり、現実を帯びてきた・・・

もうその日には・・・寂しさと悲しみ、いろんな思いがこみあげてきた。

 

事前に膣内培養検査もクリニックで実施することになり、

その結果が今日返ってきた。

 

仕事終わりの車の中で、助産院の先生から電話がかかってきた。

 

思いもよらない衝撃的な事実を、伝えられた…

 

「○○○○○(性感染症)が出たから、今からクリニックに来れる?

旦那も一緒に治療せなあかんわ。羊水検査も中止せなあかん。」

 

一瞬何を言われているのかわからなかった。

 

○○○○○なんて、どうして・・・

 

今までになったこともないし、自分には関係のないものだと思っていた。

 

夫以外、感染源は考えられない。。。

 

吐き気がして、途中スーパーのトイレで吐いてしまった。

 

その後、冷静になって、夫に電話をするもつながらず、LINEをした。

冷静に、文章を綴って、連絡を下さいと。

 

家に帰ると、助産院の先生が待ってくれていた。

そして先生に車でクリニックまで付き添ってもらい、治療薬をもらった。

 

いろんな思いがこみあげてきて、恥ずかしさと情けなさから、助産院の先生の車の中で、号泣した。

 

家に帰ると、夫から折り返し連絡が来て、状況を説明した。

 

夫に聞いても、しらばっくれる一方で、話にならなかった。

その態度にも、余計に腹が立つと同時に、虚しさでいっぱいになった。

 

私は、気持ち悪さでいっぱいになり、またトイレで吐いてしまった。

 

怒りを通り越して、

自分の不甲斐なさ、

なんで夫の行動に気づけなかったのか、

助産師としての自分、

妻としての自分を恥じた。

 

そして、今までの日々のことを思いながら、

ずっと裏切られていたんだと感じた。。。

 

この人とはもう、やっていけないかもしれない・・・

何度も思ったことがあったけど、

今回はもう無理かも・・・

でも子どもたちがいる・・・

お腹の子のこともある…

もうどうしたらいいのかわからない・・・

だれか助けてほしい・・・

 

でも恥ずかしくて、誰にも言えない。。。

 

泣きたくても、子供たちがいるから泣けない。。。

 

またいつも通りの顔に戻って、夕食を一緒に食べ、子供たちとお風呂に入り、寝かしつけをした。

 

その後、ベッドの中で、一人泣いた。

どうしようもなく溢れてくる涙と一緒に、気持ちが少しずつ落ち着いてきて、静かに眠りについた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。