先生の言葉

はじめまして!私は堕天使マミーのピアサポーターMAKKOです。

 

このブログは、私とお腹の子との約135日(妊娠19週2日)までの経過を綴ったものです。

注意:中期中絶の実際の流れや内容、命の選択、染色体異常について等の表記がこのブログにはあります。このブログを読むことで、辛い気持ちを思い出したり、不快な思いをされる方がおられるかもしれません。そのような方は閲覧をお控えくださいますよう、よろしくお願いします。)

 

妊娠が分かったけど、心拍が確認できるまでは不安な気持ちでいっぱい。

 

仕事をしながらも、つわりで気分が悪く、思うように動けない。

 

でも誰にもまだ言えない・・・

 

子供たちも、仕事から帰ってくると、甘えの嵐で、仕事の疲れとつわりとだるさで、一人ひとりにちゃんと向き合ってあげれず、イライラしてしまう日々・・・

 

義両親にも、子供たちにもまだ言えないし。

 

一番の味方である夫は仕事で毎晩夜中に帰ってきて頼りにならず・・・

 

そんな中、助産院の先生から一通のメールが届いた。

 

その言葉がすごく励みになった。

 

「大丈夫、大丈夫。すべて何もかも、うまくいく!」

 

たったその一言だったけど、弱音を吐いた後に贈られたそのメッセージが、私のこれからの支えになった。

 

言葉の力ってすごいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。