結婚記念日(2019年11月23日 妊娠14週4日)

はじめまして!私は堕天使マミーのピアサポーターMAKKOです。

 

このブログは、私とお腹の子との約135日(妊娠19週2日)までの経過を綴ったものです。

(注意:中期中絶の実際の流れや内容、命の選択、染色体異常について等の表記がこのブログにはあります。このブログを読むことで、辛い気持ちを思い出したり、不快な思いをされる方がおられるかもしれません。そのような方は閲覧をお控えくださいますよう、よろしくお願いします。)

 

11月23日は私たち夫婦の11年目の結婚記念日。

 

子供たちにとっても、

11月は次女、12月は長男、1月は長女の誕生日のオンパレード。

 

でも今年は、悲しい日が待っているかもしれないから、お祝いがちゃんとできるかわからない。

 

だから、11月23日に3人分の誕生日パーティーをした。

 

夫が誕生日プレゼントを事前に子供たちに聞いていて、準備してくれていた。

 

誕生日ケーキも、子供たちリクエストのサーティーワンのアイスケーキ。

その上に、3人分の年齢のろうそくを立てて、お祝いした。

 

一緒になってしまって、ごめんね・・・

 

子供たちには、まだ赤ちゃんのことは言っていない。

 

たまに、「赤ちゃんの名前どうする?」「赤ちゃん元気にしてるかな?」「赤ちゃん楽しみやな!」

と私のお腹をさすって、目をキラキラさせて話しかけてくる。

 

そのたびに、胸がチクチクされて、泣きそうになる。

そしてできる限りの笑顔で「そうだね」と返事をする。

 

この子たちにとっても大切な子であるのに・・・

自分たちのエゴで産んでもいいのか、中絶してもいいのか・・・答えが出ない・・・

周りはもう答えは出ているのに、自分だけが取り残されたような感じ・・・

 

そんな中、次の日。

夫がいろいろ計画を立ててくれていて、家族で久々にお出かけをした。

 

「どこに行くの?」と聞いても、「内緒」と言われ、子供たちと「楽しみやね!どこに連れて行ってくれるのかな?」と言いながら、だんだん見えてきた景色は・・・

 

11年前に見たあの景色。。。

私たちが初めてデートした場所。

神戸の北野。。。

そして結婚式をあげた、あのレストラン。。。

 

子供たちはきょとんとした表情で、

「ここどこ?」って感じだったけど、

私は何とも言えない不思議な気持ちだった。

 

「なんで急に?どうしたん?」

「まあいいやん。」

 

北野の風景は、懐かしさとともに、

あの日の思い出が蘇り、また年月を感じた。

変わっている場所もあれば、

変わっていない場所もあって・・・

11年ぶりに訪れたレストランは、

何も変わっていなくて、

とても懐かしくて、嬉しかった。

 

「ここでパパとママが結婚式をあげたんよ。」と言いながら、ゆっくり入っていくと、中も何も変わっていなくて、レストランの方が笑顔で出迎えてくれた。

 

結婚式を挙げてから、一度も来ることがなかった場所。

二人だった私たちが、今3人の子と、お腹の子を連れて、家族になってここに来ている。

11年という歳月で、こんなにもいろんな状況が変わって、今に至っている。

とても長いようであっという間の11年だったなって、改めて思った。

 

おいしい料理を食べて、最後出る前に、

レストランの方から

「来てくださってありがとうございます。」と花束を渡された。

何とも言えない気持ちになって、涙が溢れた。

そして家族写真を撮ってもらった。

 

これが最初で、最後の家族6人の家族写真となった。。。

 

二人で、レストランの前で、

子供たちに写真を撮ってもらった。

固く手を結んで。

 

ああ、私、一人じゃないんだなって、ふと思った。

 

ずっと一人で抱え込んで、悩んで、不安で、ずっと悲しくて、取り残されたような、独りぼっちな気持ちだった。

でも夫は、夫なりにいろいろ私のこと、子供のことを考えていたんだなって思った。

 

その後もサプライズが続き、チケットを前もって取ってくれていた『吉本新喜劇』に連れて行ってくれて、子供たちもびっくり、大喜びの一日となった。

 

最後に夫は

「ちょっとでもMAKKOが笑顔になってほしくて。」

 

ずるいな。。。こんなんで、気持ちが晴れることはないのに。。。

でも気持ちはうれしかった。

 

お腹の子のことを思いながら、過ごした数日間の中で、思い出の残る一日となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。