誕生 (2019年12月26日 妊娠19週2日)

はじめまして!私は堕天使マミーのピアサポーターMAKKOです。

 

このブログは、私とお腹の子との約135日(妊娠19週2日)までの経過を綴ったものです。

(注意:中期中絶の実際の流れや内容、命の選択、染色体異常について等の表記がこのブログにはあります。このブログを読むことで、辛い気持ちを思い出したり、不快な思いをされる方がおられるかもしれません。そのような方は閲覧をお控えくださいますよう、よろしくお願いします。)

 

そして、12月26日。

この日は偶然にも長男の誕生日。

重なってほしくなかったけど、重なってしまった。

 

朝に夫からの連絡があったけど、出なかった。

LINEで

「午前中仕事の合間に病院に行くから。

昼からはどうしても調整できないから、お母さんに連絡した」

と入った。

 

朝、診察で20本の棒を抜き、陣痛をつける膣錠が入れられた。

急激に進む可能性もあり、経産婦でもある私は、そのまま分娩室にいることになった。

 

11時ごろ、夫が来た。

ガウンを着て、私のそばに来た。

「ごめんな。」

そう言って、腰を擦ってくれた。

 

私はいろんな思いがありながらも、生理痛のような波に耐えながら、

来てくれた安心感と、擦ってくれる心地良さを感じていた。

 

お昼ご飯が出て、少し食べていると、母が来てくれた。

「また連絡してな」

と言って夫は仕事に行き、母が代わりに付き添ってくれた。

 

母と話しながらも、2錠目が入ってからだんだん痛みが強くなり、母には一旦退室してもらい、

助産師さんに腰を擦ってもらいながら、呼吸を整えていった。

 

13時から14時半までの間、陣痛の波が何度も押し寄せて、タオルを口に入れながら、

「痛いよ~、痛い~」と叫んでいた。

 

体をどうもっていっていいのかわからない。

どの体制になっても痛い。

いきみたいけど、いきめない。

 

 

「ごめんね。ごめんね。

無理やり出して、ごめんね。ごめんね。」

 

そう思いながら、どうしようもない痛みが押し寄せてきて、

もう無理!!って思った瞬間、何かが出てきた。

 

 

赤ちゃんを包む胎胞が出てきて、少し痛みが楽になった。

 

14:38 ゆっくりと赤ちゃんが出てきた。

 

何とも言いようのない、安堵感と、悲しみが襲ってきた。

 

助産師さんに赤ちゃんを抱っこさせてもらった。

 

あったかかった・・・

 

一気に涙が出てきた。

「ごめんね、ごめんね。」

 

母も見たいといってくれて、分娩室に入ってくれた。一緒に抱っこしてくれた。

「きれいな顔してるね。

ごめんね。ごめんね。」

母も泣いた。

 

処置が終わり、部屋に戻った。

ちょっと休んでいると、助産院の先生たちも来てくれた。

一緒に泣いてくれた。

「そばにいてやれなくて、ごめんやったね。一人でよう頑張ったね。」

また涙が溢れた。

 

夫はそれから、22時ごろ病院に来てくれた。

 

赤ちゃんを見たいと言ったので、助産師さんに連れてきてもらった。

 

私の作った産着に包まれたわが子。

夫は、赤ちゃんの姿を見て号泣した。

 

「ごめんな。ごめんな。

こんなにちゃんと手とか足とか指もある、

しっかり人間なんやな。

ほんまにごめん。ごめんな。」

 

夫も、夫なりに今日来れなかったことを悔やんでいた。

一人は辛かったけど、もう責めるのはやめようと思った。

しばらく泣いたあと、今後のことを二人で話しをした。

 

そして、日付が変わり、夫は帰って、私は久しぶりの眠りについた・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。