別れの日(2019年12月29日)

今日は朝から青空が澄んでいて、とてもいい天気。

 

お供えの花も買って、

母も来てくれて、家族で火葬場へ。

 

火葬場の人から、小さい赤ちゃんなので、

骨が残るかわからないと言われていたけど、

もし残るならと、小さい骨壺もネットで買っていて、一緒に持って行った。

 

火葬は約1時間・・・

 

その間、火葬場ではしゃぐ子供たち。

 

その間いろいろな思いを感じながら、あっという間に過ぎていった日々を思い出していた。

 

妊娠してから、今日の日まで。

 

長いようで、あっという間だった。

 

短い期間で、重大な決断を迫られて、

夫とも何度もぶつかって。

 

そんな中で、悲しい別れがあって、

子供たちにも悲しい思いを何度もさせて。

 

そんな中でも気づけたものもたくさんあって、

家族とは、

夫婦とは、

妻とは、

自分とは、

命とは、

いろいろ考えさせられた日々だった・・・。

 

そして、火葬が終了して、火葬場の人に案内された先には

か細い骨がたくさん残ってくれていた。

 

この子が存在していた証。

父親の太くて、しっかりとした頑丈な骨と違って、

つまむと崩れてしまいそうな微かな欠片たちだけど、力強く残ってくれた。

 

家族みんなで一つずつ、拾うことができた。

うれしかった。

ごめんね。ごめんね。

 

まだまだ「ありがとう」って言えないけど、

いつか「ありがとう」って言える時が来るまで・・・。

 

 

 

これが、この子との135日の記録です。

この子が存在した135日という日々を忘れないように、日々綴っていた記録をまとめたものです。

 

私の体験は、私の主観で書いてあり、

それぞれ考え方も、

受け止め方も、それぞれです。

 

きっと同じように悩み・苦しみ・決断された方もたくさんいるし、これから決断を迫られる人、決断してから苦悩している人、様々な人がいると思います。

 

この記録を通して、何かを感じてもらえたり、何かの心の支えになってもらえたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。